インプラント

術前診査の重要性

インプラントなどの外科治療を行う場合、より安全・適切に行うためには、あごの骨の状態をよく把握しておかなければいけません。

レントゲン、口腔内写真などによる充分な検査、診断を行い、あごの骨の状態などをチェックし、埋入位置や骨量に問題はないか、インプラントの埋入手術が可能かどうか検討します。必要に応じてCTスキャンなどの精密な検査を実施します。

歯を失ったときの各治療法

基本的なインプラント治療の流れ

1 カウンセリングを行います。 平均1〜2回来院
約1〜2週間
2 口の中の検査をし、レントゲン写真をとります。
3 CTをとり、骨の状態を詳しく調べます。
必要であれば採血を行います。
平均2〜3回来院
約2〜3週間
4 インプラントを最適な場所へ埋めるため、コンピュータでシミュレーションを行います。
5 骨にインプラントを入れる手術を行います。 平均3〜6ヶ月
6 骨にインプラントがしっかり固定されるまで、平均3〜6ヶ月待ちます。
7 固定されたのを確認したら歯の頭の部分をつけます。 平均3〜4回来院
約2〜4週間
8 かぶせ物の型をとります。
9 かぶせ物をつけて完成です。
10 定期検診をします。 1ヶ月〜3ヶ月に1度
1.診査

お口の状況をレントゲン写真や検査等で把握いたします。

全身状態把握のさい、CT撮影をうけていただきます。必要があれば血液検査をうけていただきます。

2.治療計画

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置により治療法には様々な選択肢があります。

歯にかかる力の方向や強さはもちろん、患者さんに無理のない総合的なご提案いたします。

理解出来ないことや不安なことがありましたら、ご納得いくまでご相談いただきながら治療計画をたてていきます。

3.一次手術

あごの骨にインプラントを埋め込みます。

雑菌等の混入を防ぐため、滅菌した布で覆いますので、全身状態の把握のため血圧計・心電図・血中酸素濃度測定のもと手術を進めます。

埋込本数が多いケースや恐怖心の強い患者様には専門の麻酔科ドクターの立ち会いのもと静脈内鎮静法(点滴でお薬を投与することにより術中の恐怖心や痛みが軽減され楽に手術がうけられる)を行います。

全身麻酔とは異なりますので入院の必要はありません。

術後、腫れたり内出血が現れることもありますが、一時的なもので戻ります。痛みについては個人差がありますが、痛み止めを飲めばおさまる程度です。

4.治療期間

手術後の治癒期間中の入れ歯や仮歯の作製。

歯石除去や薬液によるブラッシングで、口腔内の雑菌を少なくします。(骨の量が極めて少ない方には骨再生・造成の手術を受けていただきます)

抜糸を10日〜1週間後に行った後は、仮の歯を装着していただいて、通常であれば上顎6〜7ヶ月、下顎3〜4ヶ月の間、あごの骨とインプラントの結合を待ちます。

5.二次手術

歯ぐきを開いて人工の歯を取り付ける準備をします。

この状態で、歯ぐきがなおるまで2〜4週間おきます。歯肉を少し切り開きますが、術後の腫れ痛みはほぼありません。

6.人工の歯を炸裂・装着

歯ぐきが治った時点で型を取り、人工の歯をつくります。

形や色などは、患者さんに合わせて作製し、インプラントに取り付けます。

スクリューで固定します。(人工の歯をセメントにより固定する方法もあります。)

数回に分けて緻密な型どりの後、仮歯をつけて慣れていただき、咬み合わせや審美的等の問題をクリアした後、最終的なかぶせを接続します。

7.メンテナンスと定期検診

インプラントで治療した部分に限らず、口の中を衛生的に保つ必要があります。

ブラッシングの方法などについて適切な指導を受け、また半年に1回程度の定期検診を受けてインプラントや人工の歯の状態、噛み合わせを確認します。

治療後のフォローもご安心いただけますよう、治療終了後もお付き合いをお願いしています。

歯科インプラント治療後のお手入れ

定期健診

インプラント後も定期的なお手入れをお奨めいたします。岩田デンタルクリニックでは、定期診断に精密検査・レントゲン検査にクリーニングなどを加えたメニューをご用意しております。ご利用いただきますと、インプラントが痛みにくく長持ちする効果を得ることができます。

日々のブラッシング

第二の歯といえるインプラントを快適にご利用いただくには、日々の患者様自身によるブラッシングも大変重要です。岩田デンタルクリニックでは、全員の方にブラッシングのご指導をさせていただきます。お気軽に医師・スタッフまでご相談ください。

インプラントQ&A

Qインプラントを適用できない場合はありますか?

A1本だけ歯を失った場合、複数の歯を失った場合、まったく歯が残っていない場合、いずれにおいてもインプラントによる治療は可能です。ただし、下表に挙げたような条件下では注意が必要です。

インプラント治療が制限されるケース

インプラント治療が適用できないケース

Qインプラント治療の成功率は?

A30年以上の臨床経験と100万人以上の人が治療を受けた結果、クラウンやブリッジを支持するノーベルバイオケア社のインプラントは高い成功率を誇っています。1歯の修復においては95%近く、複数歯においてはそれ以上の成功率が論文で発表されています。

Q治療費はいくらぐらいですか?

Aインプラントを埋め込む本数や、治療方針、義歯部分の作製にかかる費用など、症例によって異なりますので、歯科医師に事前に相談し、費用についても充分納得されてから治療を始めることが大切です。日本ではインプラント治療は医療保険が適用されませんので、従来の治療法に比べて高額と思われることが多いようです。しかし、総入れ歯を何度も作り直した例や、インプラントによる治療結果、効果を総合的に考慮すると、一概に高額とは言えないでしょう。

Qインプラントは何年ぐらいもちますか?

A1965年に初めて埋め込まれたインプライントが、現在も義歯を支える働きを果たしていることから、衛生状態が良く保たれているインプラントは、長い期間にわたって良好に機能することが期待できます。反対に手入れが良くないとインプラントの寿命が短くなることも考えられます。

Q治療期間はどのくらいかかりますか?

A通常4〜6カ月です。インプラントの本数や埋め込まれる箇所、採用される治療方法によって差があります。

Q手術の際、入院が必要ですか?

A一次手術でも、二次手術でも入院の必要はありません。また、充分な局部麻酔下で手術を行いますので、従来の歯科診療に比べても痛みを感じる度合いは強くないと言えるでしょう。

Q人工の歯が壊れることはありますか?

A充分な診察を行って治療計画を立て、その部位に最も適した材料で歯を作製しますので、簡単に壊れるようなことはありません。万が一壊れたとしても、作り直しは可能です。また、骨の状態を確認した上で、インプラントを追加することも可能です。

Qまったく歯が残っていない場合でも治療できますか?

A歯が1本も残っていない患者さんには、上あご、下あごに各5〜6本のインプラントを埋め込んで義歯を支えます。インプラントを2〜3本しか入れられない場合には、取り外し式の入れ歯で対応します。この入れ歯は従来の総入れ歯と異なり、しっかりあごの骨に固定されますので、食事中でも会話中でも動くようなことはありません。

Qインプラント治療は、現在通っている歯科医院でも受けることができますか?

Aすべての歯科医院でインプラント治療が受けられるわけではありません。インプラントを導入していない歯科医の場合は、研修を受けた専門医を紹介してもらうと良いでしょう。また、保険治療を行っていないインプラント専門医の場合、その後の主治医として信頼できる保険医を紹介してもらうのが一般的です。一度インプラント治療を受けても、以後の治療をすべてインプラントで行わなければならないということはありません。

インプラントのメリット/デメリット

一般的なインプラントのメリット/デメリット

インプラントのメリット

インプラントのリスク

他の方法と比べてのインプラントのメリット/デメリット

インプラントとブリッジ

インプラントのメリット

インプラントのリスク

ブリッジのメリット

ブリッジのリスク

インプラントと入れ歯

インプラントのメリット

インプラントのリスク

入れ歯のメリット

入れ歯のリスク

差し歯について

よく誤解される事があるのでインプラントと差し歯の違いを説明しておきましょう。

一般に差し歯と呼ばれているのは、歯の中に人工の歯のついた金属の土台を埋め込むものです。インプラントが骨のなかに埋め込むのに対して、差し歯は歯の根っこに埋め込みます。差し歯は、歯の上の部分(歯冠部)だけがなくなったときにできる処置です。たまに「歯を抜いた所を差し歯にしてもらおうと思ったのですが…」と相談に来られる患者さんがいらっしゃるのですが 差し歯というのは、最低でも根が残っている状態でないと出来ません。残っている根や歯の一部に“差し込む”から、差し歯なのです。

ですから、根も含めて、歯そのもの全てを抜いてしまったら、差し込む所が無いので、差し歯に出来ないのです。歯を抜いた所は、1ヶ月ほど経つと穴が無くなって、歯肉だけのいわゆる“土手”になります。しかし、最近では“インプラント”というチタンという金属で出来た人工の根を、顎の骨に打ち込んで差し歯に出来る技術も有ります。

差し歯各種

一流歯科技工士の作る人工歯は、強度、精度、美しさともに一級品です。歯肉の縁が紫色になることもありません。虫歯や歯周病も最大限予防できます。

差し歯にも色々な種類があります。「前歯を白い差し歯にする際、保険と自費があると言われました。」などという患者さんの声もお伺いします。

保険の方は、白い部分が「硬質レジン」という材質で出来ています。レジンというのは、プラスチックの一種で、「硬質プラスチック」といったニュアンスのものです。自費の方は、お茶碗などの陶磁器と同じ「陶材」で出来ています。

どちらにも、メリットとリスクがあります。

保険診療(レジン)

金属の被せ物ですが、表側に硬質レジン(プラスチック)を用い、白くみせます。基本的には前歯のみ適応です。

メリット

リスク

自費診療(陶材)

金属の被せ物ですが、表側に硬質レジン(プラスチック)を用い、白くみせます。基本的には前歯のみ適応です。

メリット

リスク


削れてくる上に黄ばんでくるが、割れにくい物(=保険)にするか?
削れないし黄ばまないが、割れやすい物(=自費)にするか?
お気軽に歯科医師にご相談ください。

インプラント/アンキロス インプラントシステム

多くの臨床例が実証する術後の長期安定性

アンキロスシステムは、世界中の多くのドクターが臨床使用している、実績あるインプラントシステムです。(2006年は約30万本が世界中のドクターによって使用されました。)

1985年の開発以降多くの学術研究が行われており、これら研究結果がアンキロスシステムの術後長期安定性(インプラント埋入後の機能期間)を実証しています。

アンキロスインプラントは、長期安定性を獲得するために、炎症の原因とされるマイクロギャップ・マイクロムーブメントがほとんど無いコニカル接合を採用しています。又、皮質骨への応力伝達を低減し、海綿骨で応力を支持するデザインになっています。特にアンキロスシステムの最大の特徴であるプラットフォームスイッチングは、最近の大きな話題です。

アンキロスインプラント

ジルコニアセラミックス製アバットメント審美性を重視したオールセラミック修復

現在多くの患者さまが、前歯部への審美治療を求められております。アンキロスシステムで選択できる既成のジルコニアセラミックス製アバットメントは、支台部分を含めたオールセラミック治療を実現し、審美性を求める患者さまへの最適なソリューションです。

ジルコニアセラミックス製アバットメントは、既存のセラミック(酸化アルミニウム等)と比較し、耐久性と耐食性に優れ、金属と同等な強度を有します。金属色が表面に出ないことから、より天然歯に近い色調で歯牙修復を行うことが可能となります。

様々な症例に対応する補綴システム

欠損した歯牙が1本〜複数本、又は総義歯の場合でも、アンキロスシステムを使用することにより、それぞれの症例に適したインプラント治療を行うことができます。

アンキロスシステムには、欠損した歯牙の本数・部位によって専用の治療部品がラインナップされており、様々なケースに適した治療を行うことができます。

専用の治療部品

専用の治療部品

審美歯科

審美について

Q1審美歯科ってなんですか?

A1審美歯科とは、美しさと自然な口元に焦点を当てた、総合的な歯科治療のことです。歯には機能(おいしくしく食べられる)と、審美(きれいな歯並び、美しい歯)がありますが、その両方に焦点を当てて、患者さんの希望を取り入れた歯並びと色をその人の顔にマッチさせた口元の健康と健康美を求めることが、私たちの考える審美歯科治療です。

Q2保険治療で前歯を「かぶせる歯」で治療するのはどのようなものですか?

A2現在の保険歯科治療で出来るかぶせる歯には、レジンジャケット冠と硬質レジン前装冠があります。これらは、上の前歯6本、下の前歯6本の計12本にしか使用できません。また、奥歯には基本的に金属色の歯しか入れることができません。このレジンという材質は、ある程度の色調しか再現ができない為、周りの歯と完全に同じ色に合わせることは材質上不可能です。また吸水性があるため2〜3年の年月の間に 黄色く変色しやすいです。さらに材質が歯に比べやわらかいため磨耗が早く、一時的に入れるのには適していますが、本当の口元の美しさを求める方には不向きです。

Q3自費歯科治療の「かぶせる歯」はどのようなものですか?

A3セラミックと呼ばれる、ガラス質の陶材等が使われます。これは食器で使われている焼き物と同じと考えてください。この材質は、水分を吸収しない為、変色することがありません。また、色の質感が実際の歯の色、質感に近く合わせることが可能で、透明感がありますので自然な感じに仕上げることが可能です。芸能人のきれいな前歯の多くにこのセラミックという材質が使われています。

Q4歯を削ったら、歯の無い期間ができますか?

A4歯を削ったり、被せ物を外した場合は仮の歯を入れますので、普段の生活には支障はありません。また、仮の歯が入ってることに気づかれることも、ほとんどありません。当歯科では、歯科医師、患者様とのコミュニケーションを通じて、最終的なかぶせ物を製作していきます。

ホワイトニングについて

Q1何故、歯は変色するのですか?

A1変色には様々な原因があります。一般的に考えられる原因として加齢が大きく関係しています。歯の色というのは、歯表面のエナメル質(半透明色)とその内にある象牙質(黄褐色)の色で決まります。歯の構造は年齢と共にエナメル質は薄くなり、象牙質の厚みが増してきます。このため年を重ねると共に歯は黄ばんで見えるようになります。他の変色の原因としては、お茶、コーヒー、紅茶、タバコなどによる着色、さらに、外傷や歯の古い修復物によるものがかんがえられます。歯の神経が無い場合や、発育期に服用した抗生物質による副作用などが原因のケースも考えられます。

Q2どんな人でもホワイトニングはできますか?

A2ほとんど可能ですが虫歯がある場合や重度の歯周病がある場合は、それらの治療を優先しなければなりません。しかし、それほど効果がない場合もあります。歯科医師による診査や診断により、あなたがホワイトニングの適応症かどうかを判断します。

Q3ホワイトニングは安全なのですか?

A3漂白に使われるジェルの成分は、過酸化尿素です。過酸化尿素を用いる歯のホワイトニングは多くの研究と臨床例が報告されており、また歯科医師の適切な指導のもとで使用すれば、歯や歯肉に悪影響を及ぼすことなく安全に使用することができます。

Q4歯が白くなるまでにどれくらいの期間かかりますか?

A4通常は数日後に効果が現れ始めます。個人差にもよりますが、例えば日焼けの様に、一度でどこまで焼けるのかは、人によってまちまちです。しかし、約2週間続けることで大抵効果はでてきます。

Q5ホワイトニングで副作用はありますか?

A5治療期間中に知覚過敏(歯がしみるような症状)が起こる場合がありますが、その場合は治療を中断(1〜2日)することで症状が軽減するか消失しますので、安心して使用していただけます。

Q6効果はどのくらい持続しますか?

A6その方の歯の性質や生活習慣によって異なりますが、3ヶ月-2年くらいです。しかし、カフェインやタバコなど着色の原因になるものを日常的に摂取している場合は、定期的な歯のクリーニングが必要になります。

前歯を白く綺麗にする方法

審美歯科とは、従来の虫歯や歯周病の治療など、通常の歯科で行っている治療に「美」という視点をプラスした歯科治療です。歯を白く綺麗にしたり、歯並びを綺麗にしたり、歯ぐきの色を美しいピンク色に改善するなど、健康的で美しい口元を作ることを目的としています。

しかし、審美歯科は見せかけの美しさだけを求めたものであってはいけません。審美歯科治療により健康美・美しい笑顔を手に入れ、自分に自信を持つことにより、人生をより豊かにし、可能性を広げてくれるのものでなくてはいけません。

歯を削らずに歯の色を白く綺麗に美しくするには、歯の表面の色素の除去・歯石の除去を行う‘クリーニング’と歯の色そのものを白くする‘ホワイトニング’があります。

しかし、上記の‘クリーニング’‘ホワイトニング’では歯並びまで綺麗にすることは出来ません。歯並びを綺麗にするためには‘矯正’か‘セラミックのかぶせ物’による治療になります。

金属の詰め物をオールセラミックに

治療した歯に金属をつめるとどうしても白色ではないので、笑うときに気になります。
当院では、金属はアレルギーを引き起こす可能性があるため、体にとって、優しい素材である白いセラミックをお薦めしています。

岩田デンタルクリニック

〒603-8142 京都市北区小山北上総町4-1シードル北大路2F

TEL 075-495-8148 iwata@implant-apple.com