矯正治療について

矯正治療の流れ

1相談

歯列矯正専門医である日本矯正歯科学会の認定医が、歯並びのご相談を伺います。相談は無料です。

矯正治療開始

矯正治療を開始する場合は、次のステップに進みます。

検査に進む

2検査

歯型・写真(口腔内、顔など)・レントゲン写真(歯、頭部など)などをとらせていただきます。

矯正診断に進む

3矯正診断

治療の計画・治療方法・治療期間についてのご説明をいたします。

矯正治療前の治療に進む

4矯正治療前の治療

虫歯や歯周病になっている場合、まずそれらを治療してから矯正をはじめます。

治療開始に進む

5治療開始

矯正装置を装着し、治療を進めます。装置装着後は3〜6週間に1回来院していただきます。

装置の除去、保定に進む

6装置の除去、保定

歯並びがきれいになった後、装置を撤去します。
その後、歯並びの後もどりを防ぐため上下取り外しのできる保定装置をいれ、歯を新しい位置に安定させる保定・観察期間に入ります。3〜6カ月に1回の定期的な来院で経過チェックを行います。

料金

お支払い方法につきましてはご相談ください[保険外診療]

年齢、症例、装置によって費用が異なりますので、一度ご相談ください。相談は無料です。

矯正用インプラント併用法

歯の代わりにインプラントを使って歯を移動する最新の矯正治療法です。これらにより、歯の抜歯の軽減、治療期間の短縮が可能になりました。矯正治療終了後、インプラントは除去します。矯正基本装置は、上段のレギュラーの装置、透明な目立ちにくい装置、裏側の見えない装置よりご選択ください。今まで歯の抜歯をしなくてはいけなくて治療を諦めていた方、早く治療を終わらせたい方お気軽にご相談ください。

矯正Q&A

Q始める時期はいつがよいですか?

A近年の技術の進歩により、矯正治療に年齢的な制限はございません。しかし、どのような病気にも共通ですが、不正咬合においても早期発見・早期治療が望まれるでしょう。一般的には、6才前後に専門医での診察が推奨されています。

Q通院間隔はどのくらいですか?

A歯の動く速度や治療内容により異なりますが、だいたい3〜6週間に一度くらいです。

Q歯を抜くと聞いたので心配なのですが…。

A歯はすべて大切なものです。できるだけ抜かない治療方針を立てます。しかし現代人の場合、顔全体が小さく、あごの発育が悪く、歯を抜くケースが増えてきています。ただし、抜いた隙間は矯正治療により閉じてしまいます。

抜歯をなるべく回避する為にも、

  1. お子さまの場合7才までに専門医で相談をされることを、お勧めいたします。
  2. 最新の治療法では抜歯を回避できる方も大勢いらっしゃいます。

どなたも抜歯はしたくないと思います。私ども矯正歯科医も同じです。当院では、最新の診断と最新の技術により、従来型の矯正治療法では抜歯を余儀なくされてしまう方へ「抜歯回避の治療法」をお伝えしています。(個人差がありますので詳細はご相談下さい)

Q痛みはありますか?

A人によって感じ方は様々ですが、お口の中に装置が入った直後は、異物感を感じます。多少の違和感はありますが、3日から一週間くらいで治まることが多いです。

Q歯磨きはどうやってやるのですか?

A装置の種類や不正によって、方法や歯ブラシのタイプが違います。それぞれの患者さんに合った方法を、歯ブラシの専門家が、指導致します。みなさん歯ブラシの仕方がうまくなります。

Q虫歯の治療はどうしたらいいですか?

A虫歯などの矯正治療以外の処置は健康保険で受けることができます。また、矯正治療中の虫歯や歯肉の健康管理や、矯正治療後のアフターフォローも行いますのでご安心ください。

Q料金が高いのではと心配です。

A健康保険の給付対象ではないため、高いイメージがあります。当院では大学病院での治療費に準拠しております。なお、矯正治療費には医療費控除が適用されます。

Q差し歯があっても矯正できますか?

Aさし歯でも矯正治療は可能です。しかし、ブリッジなどで何本かの歯が連結している場合、矯正治療前に一本ずつの歯に戻したうえで、矯正治療を行います。さし歯やブリッジのところは、矯正治療後かみ合わせや歯ぐきの形に応じて作り直したほうがいい場合があります。

Q矯正装置をつけて人前に出るのに抵抗があるのですが…。

A始めのうちは、他人の視線が気になるかもしれません。しかし悪い歯並びのままでいるよりは、矯正装置がついているほうが歯に対しての意識の高さを現します。欧米では、矯正治療はステイタスです。

また、装置のほとんどは唇で隠れてしまうため、自分で思っているよりも他人は気にしていないようです。2〜3ヶ月もすると自分でも不思議なくらい気にならなくなります。

Q大人でも治療できますか?

A基本的には、矯正治療は年齢に関係なく行えます。気になったらいつでもご相談ください。ただし、歯肉炎や歯周病のチェックが必要です。

この問題をおざなりにして、矯正治療を開始してしまうと歯ぐきの健康を損なう場合があります。当院は、歯ぐきの専門衛生士が在籍しておりますので、まず、チェックを行います。25歳以上の方の場合、なんらかの歯ぐき処置が必要です。

岩田デンタルクリニック

〒603-8142 京都市北区小山北上総町4-1シードル北大路2F

TEL 075-495-8148 iwata@implant-apple.com